予定利率

学資保険の契約者の決め方

学資保険の特徴として、契約者に万一が生じた際に、お子様の学費充当に必要な契約上の保険金額が支払われるシステムが見逃せません。
ご家族内の誰を契約者に設定すべきなのか、この部分の判断を誤ってはなりません。

学資保険の契約者を誰にするのか、その最もシンプルな見極め方はズバリ「家族の誰が稼ぎ頭なのか」という、この1点が外せません。
例えば奥様が専業主婦で家事育児に専念されておられるならば、自ずとご主人がベストな契約者ですし、いわゆるシングルマザーでお仕事をお持ちあれば、当然ご本人が契約者で間違いありません。

文言にすると冷徹な先入観が否めませんが、経済社会を生きてお子様を実社会に送り出すまで育て上げる以上、お金が不可欠です。
この収入が契約者に生じた有事で途絶えてしまい、残されたお子様が義務教育以降の勉学の継続に支障が生じぬために備えておく、これが学資保険加入の主たる目的なのです。
だからこそ契約者の決定に際しては、冷静に中長期的なご家族のライフプランを見据え、想定されるさまざまなアクシデントに際し、現状の経済力でどこまで対応可能なのかを見極めねばなりません。

また支給された保険金の用途に関し、契約者は保険会社にその詳細を報告する義務を有する訳ではありません。
例えば事業の不振など、予期せぬ展開から解約返戻金を補填に利用するなど、当然契約者の自由であり、学資保険は応用が効く保険商品である事も、知っておいて損はありません。
イレギュラーな活用法と言えますが、個人事業主の皆様には、こうした予備知識を有しておかれて損はありません。

こうした学資保険の特性を正しく理解した上で、お子様が実社会に巣立つまでに想定されるリスクと照らし合わした上で、ぜひ慎重に契約者を選択してください。

学資保険の契約者決定に際し、避けては通れない作業があります。
ご家族の中長期的なライフプランの確認であり、誰が一家の経済的支えなのか、それが途絶えてしまう可能性を有する展開とはどういったケースなのかなど、的確に見極めねばなりません。
家計を管理するお母さんの選ぶ学資保険も参考にしてみると良いかもしれません。