予定利率

元本割れするのがわかっている場合解約する方が得?

景気の動向の影響を受けるなどして、学資保険加入時の予定利率の引き下げが繰り返され、満期まで保険料を支払い続けたとしても学資保険の元本割れが確実になったと仮定しましょう。
その場合学資保険は得なのか否か、果たしてどうすべきなのでしょうか。

元本割れが確定してしまった学資保険契約を有されている場合、当然解約すべきか否かの選択肢が現実となってしまいます。
元本割れイコール払い込んだ保険料総額が戻って来るお金を下回ってしまう訳ですから、金銭面だけを見れば確かに契約継続は損となります。
但しここで忘れてならないのが、保険という金融商品が有する特性とメリットなのです。

仮に明日、契約者であるご自身に万一が生じないとは100%明言出来ないのが世の中です。
この「不測の万一に備える」を満たし続けるには、保険契約期間満了まで、その契約を有効にしておく必要があり、解約はそれを放棄する選択肢なのです。
保険は預貯金とは違い、お金の多い少ないだけでは本当の価値と必要性を論じられない一面を有している事を、冷静に見極める必要があります。

全ての方々にお薦め出来る提案ではありませんが、近い将来、月々口座振替すなわち自動引き落としで支払っている保険料負担、これに無理が無ければ、契約継続が堅実です。
無意識の中で安心感をキープし続けられるからこそ、有事の保険金を残された家族が、その時点での必要に応じて自由な用途に費やす事が叶うのです。
確かに予定利率の低下は大きなデメリットに違いありませんが、学資保険の「保険」の部分を忘れてしまい、数字上の損得だけで慌てて解約する選択肢は、必ずしもベストとは言えません。
学資保険に加入した際、何を1番の理由にされたのかを振り返れば、冷静な判断が出来る筈です。

契約時には予想すらしなかった元本割れが現実となってしまう展開は、景気の動向に予定利率が大きく影響される学資保険に於いては皆無とは言えません。
大切なのは金額面の損得感情では無く、保険加入状態の安心感の重要性の確認なのです。