予定利率

学資保険は出産後に加入?妊娠中に加入?

学資保険加入のタイミングに関してもまた語られています。
中でも妊娠中の加入のメリットに関しては、該当される皆様にぜひ正しく理解しておいていただくに十分値します。
以下に基本的な知識として、具体例を挙げてご紹介させていただきます。

ところでいつから学資保険に入れるのか。子供の将来に備える学資保険である以上、まだこの世に生を受けたとは認識されない胎児の時期から、果たして加入出来るのかどうか、当然この素朴な疑問が避けられません。
この質問に対する回答、それは「幾つかの条件を満たせば加入可能」です。
妊娠後の経過が順調であれば、予定日から逆算して140日前から加入出来、専門用語で補足すれば「出生前加入特則に基づく新規加入」に該当します。

次に妊娠中の加入のメリットを、順に説明して行きましょう。
まず第一に、妊娠中すなわち出産前に万一の事態が生じた際にも、保険金が支払われる点です。
今日の出産は高い医療技術で大変安全ですが、万一に備える学資保険という捉え方からすれば、保障のスタートは早いに越した事はありません。

次に各種生命保険に共通する特徴である、契約者年齢が若い程、保険料が安くなるメリットが活かせます。
お子様をご出産後では当然、契約者の年齢は妊娠中よりも大きくなり、負担額が増額されてしまいます。
月額負担は僅かな金額差でも、中長期的な総負担額を試算から比較すると、驚くほど大きな金額差となります。

またこれは想定したくありませんが、流産あるいは死産の場合、払い込んだ保険料の払い戻しが受けられます。
あくまでお子様が無事に成長する上で必要な資金の準備、これが学資保険加入の主たる目的ですので、この配慮も見逃せません。
このように妊娠中からの加入のメリットは数多く、現在新規加入をご検討の皆様には、ぜひ早期検討に着手いただければ幸いです。

妊娠期間中は日々の体調管理も含め、普段以上に毎日が矢の如く過ぎて行きます。
そんな多忙な中、とても学資保険の加入にまで頭が回らない事も十分理解出来ますが、妊娠期間中からの加入に自ずと前向きになれる事でしょう。
その際は学資保険の仕組みをよく理解したうえで周囲に相談することも大切です。